運河沿いの散歩道 in the UK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

カレー

Take Away お持ち帰りのカレーです。
主人かなりのお気に入りらしく、
どうしても食べたいと、会社帰りに買ってきました。

      DSCF3443.jpg 

イギリスに来てすぐは、抵抗があった長いお米も、今ではすっかり慣れ、
カレーやチャーハンは、こっちの方が合うとまで思うようになりましたよ。
ルーもスパイシーで、後を引く味。

 
以前、「代表的料理」の話になったとき、
日本は寿司だと言うと、
イギリスはカレーだ、と言った英人がいたぞー

確かにイギリスカレーおいしいです。
でも間違えてはいけません。 カレーはインドですから。
イギリスは、フィッシュ&チップスでしょう?!


ちなみに、フランスの子は、キッシュだと言っていました。

スポンサーサイト

PageTop

テレビ観戦ダイエット

あー疲れた。
全豪オープン ナダル対ベルダスコ が終わったところです。
すごいですね~。ナダル振り回されていたような。
ベルダスコの最後2つのダブルフォルトがなかったら、どうなっていたんでしょう。
そして、決勝はどうなるのでしょうかねー
目が離せません。
   
    連日の観戦、けっこう疲れます。
    この疲労感は、ダイエット効果あるかも?
    テレビ観戦ダイエットって、いいですねー
    なんて、体重計にのってみると、少し減っているような…
    誤差範囲ですかね?

 ナダル氏、とても気になる事があります。
 一口バナナ食べた後、きちんと皮を整えるんですね。
 それから水飲んだ後、ペットボトルをそ~っと置くのも。
 何かジンクスでもあるのでしょうか、それとも几帳面なだけ?

 ぜひ、チェックしてください。
 一緒に、気になって仕方なくなりましょう。

PageTop

日本って?

こちらに来て思ったのが、意外に日本って有名なんだって事。
ヨーロッパから遠く離れた、ちっぽけな国なのに、
みんなよく知っているんです。

先日SUDOKUの事は書きましたが、
こちらに来てすぐ、
携帯ショップのお兄さんに、「ナルト」が好きなんだけど、と声かけられ
「ダテバヨって どういう意味?」と聞かれました。
ナルト好きの息子も思いつかず、ん~??  

ややしばらく悩んだところで
「ナルトだってばよ」のダテバヨと判明。
お兄さんはかなり悩んでいたようで、
とても喜んでいました。


街を歩いていて
一番目に付く日本のものはNINTENDOでしょうか?
電気屋、文房具屋も、知った名前が目につきます。

年越しのニュースで、
他の国は、花火とか大騒ぎしている映像なのに
日本は、除夜の鐘と、白装束で火渡りしている映像で、
かなり目立っていました。

変わった伝統行事と食事、
ゲームや漫画、ハイテクな機器などのバランスが
不思議でしょうね。

がんばっておられる方々のおかげで
日本好きの人が多くて、ほんと助かります。
日本企業がんばれ~

PageTop

また間違っていますよ。

昨日、自転車で颯爽と走っていると…
12月1日(こちら)に咲いていた桜さん、
あなた、また咲いているの??
あれから咲くの止めたので、
「うん、よろしい」 と思っていたのに、
あー また間違っていますよー。

         DSCF3453.jpg 見えにくいですが。

植物の世界にも、できない子がいるんですね。
なんだかかわいく思えてきます。
春がそうとう待ち遠しいんですね。

PageTop

ブロード・ウェイ(コツウォルズ)

ブロード・ウェイって? 名前につられて行って来ました。
16世紀、馬車の旅の要の街だっただそうです。
静かで、きれいな所ですねー

        DSCF3467.jpg 車からとったのでピンボケ。    

        DSCF3460.jpg

コツウォルズらしい、明るい色の家が続きます。
アンティークや、かわいいキッチン用品のお店など。

             DSCF3464.jpg

なんだか気に入った八百屋さん?
このお店、間口は狭いけど奥に長く続いています。(京都みたい)
イギリスは、こんな形の店が多いような気がします。
野菜、ジャム、ハーブソースなど変わったものたくさん。



そして丘の上にある塔 ブロード・ウェイ・タワー

             DSCF3472.jpg
             この、何もない感じがいいです。


まわりにいるのは、
        DSCF3470.jpg 羊と、
        DSCF3474.jpg 鹿だけ。



受付のおじさん、「SUDOKU好きなんだよ。」と日本びいきな様子。
「君たちは学生ね」 と学生料金にしてくれました。
こういうアバウトな所、イギリス人いいな~

             DSCF3478.jpg

上から見た景色は、
             DSCF3480.jpg

PageTop

パエリア缶詰

パリで買ったパエリアの缶詰を作ってみることにしました。
説明はフランス語なので、開けて様子をみてみると、
鶏肉や野菜もたくさん入っています。

スペインで食べたパエリアは、味が濃かったので、
缶詰に付いている米だけでなく、スペインで買ったパスタも入れることにします。
このパスタ、米つぶの半分くらいの、ほんと小さな未知のものです。

       DSCF3381.jpg

パエリアパンなんてないのでフライパンで、
水の量は適当に。
火にかける時間も適当に。

       DSCF3382.jpg

これが、なんととてもいいお味。
ほどよくおこげもできて、私好みのかたさで。
スペインで食べたものよりいけるかも!
スーパーで見かけたら、是非おためしくださいませ。

PageTop

淋しくなります。

日本で知り合って、一緒に頑張ろうね、と励ましあい
イギリスに来てからも、仲良くしていただいていた方が、日本に帰ってしまわれました。
私より後、昨年9月に来られたばかりだったのに。(ご主人はもっと前に来られてましたが)
彼女がいてくれるのが、とても心強かったのに。

そしてまた… まわりの駐在の方、次々と帰って行かれます。
この不景気、仕方ないのでしょうけど
決心をして、日本の生活を捨てて来ているわけで、
急に「帰れ」と言われても、本当に困ります。

日本人が集まる度 この話題ばかりです。
みんな、次は我が家かと。
考えて、考えて、眠れなくなる方もおられます。
心配しても仕方ないよね、でいつも締めくくられるのですが、
…それでもやっぱり心配です。

PageTop

ホームセンター

ホームセンターに買い物に。
日本のように、なんでもあるわけじゃあないんですよね。
文房具や日用品なんかはないかな。
かわりにあるのが、こんな物たち。

      DSCF2036.jpg 新しくしちゃおっかー、って感じで取替えるのでしょうか?

      DSCF2038.jpg 雰囲気変えてみよう、って感じでしょうか?

      DSCF2039.jpg なるほど、こんなたくさんの工具も必要なわけですね~

私の目的は、ホワイトボード。
同じの2つ買ったのだけど、なぜか安い。
セール中なので半額だったかな?と思ったけど、1つと勘違いしてくださったようだ。
レジの人、手にとる事もしないから気づかなかったのね。
袋に入れるでもなし、テープ貼るでもなし。
私も気づかなかった、という事で…

PageTop

近所の池?

スペインは想像より暖かくなかったねー、と話していましたが
イギリスに帰って、あまりの寒さにびっくり。
やっぱりスペインは暖かかったようです。

ずいぶん遅くなりましたが、1月10日ころ(先週)
近くの池?です。

         DSCF3424.jpg

スケート靴持参の人、アイスホッケーの練習している人まで。

         DSCF3416.jpg

学校帰りの高校生たち。
自転車で5メートル走ってはすべり転び、また3メートルで転び…
あれ絶対フレーム、タイヤも歪んでいるわ~

         DSCF3429.jpg

最近少し寒さが和らいで、氷は溶けましたが、
いや~えらい所に来ちゃったな~、と思ったのです。

イギリスに長く住んでいる人にとっても、
この寒さは異常だったようです。ほっ、良かった。

PageTop

イギリスへ

スペインは、どこに行っても音楽が聞こえてきます。
バルセロナでの、淋しげな曲もよかったけど、
マドリッドの元気が出る演奏がいいな。

        DSCF3357.jpg
        娘は、お金ためて楽器を買い、街角で演奏したいと言い出しました。


忘れてはいけない!パエリアが登場していませんでした。

    DSCF3256.jpg DSCF3257.jpg
     おいしいです。でも、想像していたより水っぽくて コゲがないんですよね。

     やっぱり一番おいしかったのは、こちらの日本食でした。
             DSCF3350.jpg 大繁盛しています。
       私達の食べ方、注目されているのがわかり、わざと変な食べ方をする男2人。
       日本人の評判落とすから止めてください。



そして、やっと帰路につきます。
一見窓がない地下鉄電車で、空港に。

     DSCF3362.jpg DSCF3364.jpg

空港に着くと長蛇の列。
航空会社のシステムが故障して、発券できないらしい。
スペイン語のおわびの紙もらっても、わかる人少なそうでしたよ。
パソコンのプリントアウトした紙でチェックイン。
出発が遅れましたが、それでもなんとか無事帰宅できました。

初めての長期休暇で、少々盛りだくさんすぎの旅行でしたが、
それでも足りないくらい。スペイン、とっても良かったです。

PageTop

マドリッド

年越しのカウントダウンは、すごい賑わい。(さすが情熱の国!)
花火の音もすごかった。
すごすぎて、恐くてホテルから出られませんでしたよ。

そして一夜明け、 1月1日 朝11時頃。
歩いているのは観光客のみ。
スペインって、食事の時間もそうですが、全体的に夜型ですねー
それでも、きれいに掃除されていました。

        画像 709

マヨール広場

        画像 669 真ん中赤いものは、マーケット

王宮 (休館)
        画像 688 部屋2700以上と。見たかったな。

   午後3時くらいに、やっと人が出てきて賑わってきました。

        画像 778

アルカラ門

        DSCF3330.jpg

レティーロ公園

        画像 753  

           こんなに広い池なのに、鯉?が集合してるのはなぜ??
           画像 748
                         
           ディズニーさん、黙認していいのですか?
           画像 743  画像 760

PageTop

マドリッドへ

まだ行くか~? まだ行きます。 ほんとに大旅行でしょ!
さすがに長すぎるような気がします。(少々恥ずかしいです)

スペイン版新幹線 AVEでマドリッドに向かいます。
このAVE、座席は広くてとてもきれい。
ヘッドホンを支給してくれて、ビデオの上映まであります。
さらに、お菓子のサービスまで。お高い席は、食事が出るそうですよ。

         DSCF3238.jpg


窓から見える景色は、
住宅もなく、木も生えていないような土むき出しの丘が印象的。
隙間なく家が建っているところって、日本だけなんでしょうかね?
スペインは、まだいくらでも新しい街 造れそうです。

マドリッドの駅                       こんなお出迎えも。
  DSCF3249.jpg    DSCF3247.jpg
                                     あの~  どなた様ですか?

PageTop

バルでタパス(アンダルシア地方)

「スペイン語のみのメニュー表だったら難しいよねー」
バル(パブ)の前で迷う 父母…

「カウンターに座って、指差せばいいよ」と店内に入って行く子供たち。

勇気あるなー
最近、頼りになります子供様たち。

 DSCF3216.jpg DSCF3217.jpg DSCF3218.jpg

これが噂のタパス(小皿料理)ですか。 
ほ~ どれもおいしい。家庭料理のような親しみやすいお味。
もう数点食べたところで、金額が気になりだす小心者の父母。
それがびっくり、とてもお安いのです。
アンダルシア地方は物価が安いようです。

調子に乗って、もう一軒。バルのはしご、ってやつです。

       DSCF3221.jpg DSCF3222.jpg

小皿なので、いろんな種類が食べられて嬉しい。
デザートまで。

       DSCF3224.jpg DSCF3226.jpg
 
どっしりしたケーキで、食べ応えあり、とてもおいしかった~♪

PageTop

ミハス(アンダルシア地方)

バスを乗り継いで、山の小さな村へ。
ここは白い村ミハス

            DSCF3171.jpg

小さな村なので、気の向くままうろうろ。
どこの小道も絵になります。
ゴミがまったく落ちていないっていうのは初めて。

            DSCF3169.jpg

ロバタクシーでまわるのが人気、とガイドブックにあったけど
馬にお株を奪われていました。
ロバは小さくて、乗るのは気の毒な感じですもん。

観光地らしく、お土産やさんがたくさん。

       画像 488

こんなかわいい店、素通りできないでしょう。
お皿 お買い上げ~

       画像 475

この村に来ている観光客、7割くらい日本人でした。
日本人受けする景色ですよね。

     DSCF3188_20090114055603.jpg DSCF3189_20090114055630.jpg

PageTop

マラガにて食事(アンダルシア地方)

スペインで困ったのが食事時間。
こっちの昼食は 午後2時~4時、夕食は8時半~11時くらい。
私たちのお腹がすく午後6~7時頃って、休憩中なんですよね。

開いているお店はあるのですが、
掃除のおばちゃんが運んでくれたり、店員さんのまかない食の途中だったり。
食べている人も、あきらかに食事ではなくお茶程度。

それでも、私達のお腹は 8時なんて待てません。


   スペイン語のメニュー表に、どうしたものかと止まってしまった私達、
   食材を見せてくれると。
   うーん、見ても分かりません。なので適当に。

      DSCF3141.jpg DSCF3142.jpg

      DSCF3143.jpg DSCF3144.jpg 

   あと、にんにく風味のオリーブ、海老のから揚げもあったかな。
   どれも、とてもおいしい。
   スペイン料理はおいしいと言われるはずね。納得。

                DSCF3145.jpg

   デザートは、クリームに米が入っているもの。
   これはイギリスにもあるけど、いただけません。

PageTop

マラガ(アンダルシア地方)

コスタ・デル・ソルの中心都市マラガへ。
バスで 小一時間かかったのに、料金は200円程度。安い!

街路樹がオレンジ? 
剪定中だったので、もらって食べたかったのだけど、酸っぱくて食べられないよと ゼスチャーで。


         DSCF3122.jpg

資金不足で、未完成のカテドラル

       DSCF3117.jpg

イスラム時代の要塞

       DSCF3125.jpg

ビルの間に 闘牛場。
       画像 384

街中は、整備されていて近代的ですが、
一本道を入るとアラブっぽい建物が多くて、しかも使われていない建物が多い印象。
バルセロナとは違う国みたい。

PageTop

アンダルシア地方へ

スペイン北東部のバルセロナから、南部のアンダルシア地方に。
小型の飛行機での移動です。
座席が狭いのは仕方ないとして、小型のためか、離着陸時の揺れはかなり。
気圧変化で耳が痛くなりました。
加えて、匂いが…。体臭+香水。 狭い機内、かなり辛いです。
安いので我慢しますよ、もちろん。

マラガに到着し、海岸のホテルへ。

         DSCF3111.jpg
 
このあたり すっごいリゾート地で、ホテルだらけ。
夏はヨーロッパ中からバカンスに訪れるとのこと。冬でもかなりの観光客でした。

実は、相当暖かいのかと思って水着まで持っていったのですが、
日本人的には寒かったですよ、やっぱり。(イギリスに比べると暖かいですが)
それなのに、海に入っている人 発見!
プールで泳いでいる人もいたとか。
こっちの人の温度感覚、恐るべし。

追伸:テレビで、「クレヨンしんちゃん」やってました。
    声がぴったり。
    イメージ通りの配役で、安心して見られました。

PageTop

バルセロナの街

見所が盛りだくさんのバルセロナ、
世界遺産のドメイク・イ・モンタネールの建物も見るつもりだったのですが、
すっかりガウディー建築に魅せられてしまった私達(私?)、
他の人の作品を見る気を失ってしまいました。

なので、街中をブラブラ お買い物。
  地下鉄がとっても分かりやすくてキレイなので、移動しやすいです。

     DSCF3091.jpg アンティークマーケット
                                 お宝があるのでしょうね。うーん、わからない。

     DSCF2971.jpg 趣のある小道です。

           DSCF2953.jpg

美術館嫌いの子供を説得して、ピカソ美術館に。

     DSCF3071.jpg
 
ピカソ 若い頃の作品も展示してあります。年代別になっています。
紙切れ、板切れに書いたものも、ほんとすごい。天才って言われる訳ね。
こういう実績があって後に、ああいった画風になったから受け入れられたんだろうな。

このモデルを書いたのがこの作品、っていうビデオがおもしろかったです。
モデル必要?って思ったりして…   (素人なのでお許しください)

PageTop

カサ・ミラ(バルセロナ)

カサ・ミラ (レ・ぺドレラ)
  カサ・バトリョを気に入られ、依頼されたらしい。
  この建物のテーマは山。

            DSCF2816.jpg

やっぱり、どこの面も曲線なんですね~

         画像 286

一番の見所は屋上なのに、雨が降っていたため出させてもらえず。
窓から見た煙突。(滑って転んでもいいから出させてよ)

         DSCF3034.jpg 

ガウディーの展示室
      画像 238 これが、鎖垂らした模型。逆さまにして塔の形に。

      DSCF2994.jpg カサ・ミラの模型。吹き抜けが独特なんです。

カサ・バトリョの現実離れした夢の中のような感じに比べると、
カサ・ミラはずっと現実的、実用的な感じ。
それでも通りの中で、超十分目立っています。

PageTop

カサ・バトリョ(バルセロナ)

サグラダ・ファミリアが10ユーロ位だったと思うのに、カサ・バトリョは16.5ユーロ、高い!
名前だって聞いたことないし、外観だけ見ればいいかな… と話していたのです。

ところが、ガウディー写真集を見ていて一目惚れ!!

          DSCF3430.jpg      DSCF3435.jpg

高くても、どうしても行きたいー (地球の歩き方の広告?提示で10%引きになりましたよ)


カサ・バトリョ  
おしゃれな通りに突然あれわれたこのお宅

        DSCF2935.jpg な、なに?! 写真を見ていても実物にびっくり。

主広間のステンドグラス
  この建物のテーマは海だそうです。
  波のような、海面のような…

      DSCF2897.jpg 神秘的な窓と、外には骨形の柱。

      DSCF2896.jpg この波打った扉! 木造ですよ。
                           

吹き抜けは、海底のよう。

         DSCF2884.jpg 採光の為、上部は色が濃くて窓が小さく、
                                      下に行くほど色は薄く窓が大きい。
 
屋根裏

       DSCF2865.jpg 解説書には、ドラゴンの肋骨と。

屋上の煙突

       DSCF2872.jpg

写真ではうまく伝わらないかなー
ほんとにほんとに素敵なのです。
夢の世界のような空間です。
もう、私はとりこ。 
これ以上のものには、もう出会えないのではないかと思う程です…。
(家族はサグラダの方がいいと言いますが)

PageTop

サグラダ・ファミリア(バルセロナ)

サグラダ・ファミリア
 イエス、マリア、ヨセフからなる聖家族に捧げる教会として造られたそうです。
 遠くからでも、その独特な形が目を引きます。

           画像 009
                          完成は2026年頃だそうで、思いのほかクレーンが多い。


彫刻がぎっしり。キリストの生誕から昇天まで、一生がえがかれています。
遠目には、ボコボコしているだけに見えるところも、すべて彫刻なんです。

            画像 034

中に入ると、また独特な柱、天井
柱は、樹木を模してあるんだそうです。枝分かれしている柱なんて…

            DSCF2701.jpg

エレベーターで上って、階段で降りながら見学するのですが、
間近で見ると、とても大きくて、すごい迫力で迫ってきます。
窓?やテラス部分にも特に転倒防止柵のようなものはなく、高さ以上にとてもコワイです。

           DSCF2728.jpg

階段は、カタツムリ。
内側の手すりがなくて、吸い込まれて落ちてしまいそうな気持ちになります。

           DSCF2730.jpg

塔の先端についている装飾
    茶色っぽい塔に、先端だけカラフルってどうなのよ? と内心思っていたのですが、
    なんだか不思議と合っています。
    これらも植物(ブドウ、いちご、オレンジ、とうもろこし等かな?)をモチーフに
    作られているのだそうです。

    画像 011
    画像 087   画像 076

独特な塔や天井の形は、鎖を垂らしたときできる形を上下を逆さにしたもので、
いろいろな装飾は植物や動物を模してあり…
どこまでも自然をお手本にしてあるみたい。(解釈が間違っていなければ)
すべてが徹底的に計算しつくしてある感じ。
ガウディー様は、すっごい科学者、数学者なんだと思うのです!

主人の知り合いは、サグラダ・ファミリアを見てから人生観が変わったそうですよ。
みなさまも是非。

PageTop

グエル公園(バルセロナ)

スペイン大旅行! 
旅慣れていない私たちですが、ツアーではなく家族で頑張って行って来ました。

なんといってもバルセロナでしょう。 
グエル公園  ガウディー様作

                画像 221

お出迎えはこの子。
トカゲだと信じていましたが、ドラゴンだそうですよ。      

         画像 210
天井裏にも、かわいい装飾
         画像 199 画像 198


上部の広場には、あこがれのベンチ
ほんとに体の曲線にフィットだわー

         画像 185

守衛の家も、なんておしゃれな♪

                画像 174  
         画像 219

                画像 218


帰りには、こんなお兄さんと記念撮影。

   DSCF2803_20090108093609.jpg 画像 222

バルセロナの山の手に、庭園都市を作る計画で作られたのだけど、
60戸予定のところ3戸しか建設されなかったのだそうです。
計画通りに作られていたら、どんなだったのでしょう…

とても期待しすぎるほど期待して行き、
それでも裏切られることなく、ほんとに素敵な公園でした!!

PageTop

2009年

遅くなりましたが、 あけましておめでとうございます

   年末からスペイン旅行に出かけ、昨日帰って来ました。
   実は、3日前から具合が悪くなり、(水か、食べ物か、なにかにあたったらしい)
   今日は一日ゴロゴロして、やっと少し復活したところです。
   とんだ年明けになってしまいました。
   スペイン旅行記は、体調が戻ってからゆっくり書きますね。

昨年は、本当にいろいろな事があって、
まさに「人生の岐路」って感じの一年でした。
多くの方が一緒に悩んでくださったり、別れを惜しんでくださったり、
本当に感謝することの多い年でした。

この決断が、家族にとって良かったのかどうか、
子供たちの将来を考えると、とても心配ではありますが、
良かった、と思えるよう毎日を過ごしていきたいです。

今年も、どうぞよろしくお願いします。



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。